Canva活用術|写真をぼかすだけ・カンタンに背景画像を作成する方法

写真をぼかして背景に使うテクニックは既にあちこちで紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが、このサイトでも時短+簡単なデザインテクニックとしてやってみたいと思います!
『この写真が』→『こんな背景になったよ!』というビフォーアフターのサンプルを4種作成しました。
※サンプルは全てテンプレートとして使用できるので、それぞれリンク先をご利用ください!

写真選びのポイントは「色」

ぼかすことで形が分からなくなってしまうので、何が写っている写真かということよりも、写真に使われている色がポイントになります。
例えば淡いピンク系の背景を作りたいのでピンクの花の写真を選ぶ場合、ピンク以外の色(葉の緑や枝の茶色など)を含まない写真の方が、テーマに合った仕上がりになります。

さらに写真をぼかした後、明るさや彩度などの色調整を行なって完成度を高めます。詳しくは以下の各サンプルの動画をご参照ください!

無料素材で4つのサンプルイメージを作成しました

使用した写真のビフォー・アフターイメージも併せて掲載しています。
また、今回は全て無料素材を使用しているので、Canvaのアカウントをお持ちの方はぜひテンプレートも使ってみてください!

サンプル1『淡いピンクのイメージ』

⚫︎テーマ『バレンタインデー』
間も無くバレンタインデーということで、淡いピンクを基調にリボンやレースを添えて可愛らしいイメージに仕上げました。

使用しているリボンやレースの素材は色を変更できるタイプなので、統一感を出すためにそれぞれ白に変更しています。

サンプル2『爽やかなイメージ』

⚫︎テーマ『クールダウン』
寒色系の色は副交感神経を優位にして心身をリラックスさせる効果があるとされています。涼しげなグラデーションは、癒しやリフレッシュをお勧めするコンテンツに合いそうですね。

淡い青や水色のグラデーションを作りたかったので、海の写真の中でも、より明るく彩度が高めのものを選びました。

サンプル3『炎のイメージ』

⚫︎テーマ『セール用バナー』
赤は誘目性の高い色です。さらに、値札など割引価格は赤で表示されるのが一般的なので、セールには良く使われますね。
元の写真は炎とは直接関係の無いインドの民族衣装ですが、ぼかしてみると赤やオレンジ、黄色が炎をイメージさせます。テーマとは関係無く配色で選んだ写真ですが、意外なほど炎っぽい仕上がりになりました。

周囲の黒っぽい部分は使用しないので、サイズを拡大してから配置しています。
写真によっては適宜トリミングする手間を加えることで仕上がりが良くなりますよ!

サンプル4『同じ写真をメインと背景の両方に使う』

⚫︎テーマ『ファッション』
写真自体がお洒落だったりクオリティーが高い場合は、写真をそのまま活かすシンプルなデザインにした方が、色の統一感も生まれ、全体がカッコ良く仕上がります。

サンプル3と同様に、背景に配置する写真は、ぼかした後に拡大・トリミングしています。

終わりに

背景が寂しいけどテーマに合う写真が見つからない、素材にお金も時間もかけたく無い時にはかなり役に立つ時短テクニックです(笑)。テーマとは無関係のジャンルでも、ぼかすと意外とマッチするので色々な写真に『ぼかし』の効果を試してみてください!

↓こちらはサンプル3の炎のイメージを作っている最中にどうしても作りたくなったおまけのテンプレートです。
無料素材のみで作成しているのでどなたでもご利用いただけます。インパクト強めのアイキャッチ画像としてお使いください!

Canvaでこんな画像も作れます!

Facebook
Twitter